地震保険で(保有金融資産)の有効活用

築年数が経ち、大切な建物にひび割れが目立ってきた...。「そろそろ外壁や屋根の修繕された方がよいですよ!」なんて営業が訪問に来たりしてませんか?「わかっていても修繕費が...。」なんてお悩みのお客様は大変多いのが現実です。

ご存じでない方もまだ多いのかもしれませんが、震度4以上の地震で建物の主要構造部に3%以上の損害が発生した場合は保険金の対象となります。もちろん建物の自然風化によるひび割れ等は対象外ですが、自然風化で建物の主要構造部にひび割れはほぼ発生しません)。

ですので建物に発生している損害は、地震によってひび割れができたの可能性が非常に大きいのです。

そのため、保険適用され見舞金という名目で生活再建資金の対象となり、このお金を実際の建物修繕費用にあてられます。

しかし一般のお客様が直接の申請はできても、なかなか損害を認めて頂けません。だからこそ保険会社のいい分を鵜呑みにせず是非、実績のある私達に調査をさせて下さい!一人でも多くのお客様・不動産オーナー様のお役に立てる様に頑張りますのでよろしくお願いします。もし以下の内容に該当し無料の建物診断・調査を希望であればご連絡を下さい。

〇台風被害があった建物・突発的な事故  ※火災保険で対応が可能な場合があります。

○お住まい(戸建て)が自己所有。又は1棟マンションかアパートを所有しているお客様。

○福島の震災の2011年(平成23年)3月11日より前に地震保険加入。

○地震保険加入後に震度4以上の地震が観測された地域のお客様。*

*気象庁/地震データベースで検索ができます。

福島から遠く離れた関東でもいまだに震災の爪痕が残っています。修繕できずに、そのままで生活しているお客様も多くいます。関東でも一部損を認めていただけています。地震による建物の目立った外傷がなくても申請により半損を認めていただけたケースが複数確認されています。                                                   

*報酬は成功報酬のためお客様の負担はございません。無料で建物の診断・調査をいたします。  

*報酬は申請が可能と判断され損害を受理された時点で生活再建資金の一部を頂いております。

地震損害の正しい鑑定・検分方法が必要とされます。専門知識と実績のあるプロにお任せ下さい!

MA-JUNCTIONの被災調査担当者が責任を持って診断に参ります。